夏休み中の大学生や専門学生が働ける職場も多い

短期期間工は、雇用期間が一か月から三か月ほどに設定されているものが多く、フリーターや主婦だけでなく夏休み中の大学生や専門学生も働けるといったメリットがあります。特に、立ち仕事がメインで体力が求められる工場においては、夏休み中に多くの学生を採用しているところも珍しくありません。また、大手メーカーをはじめとして、初めて工場勤務をする学生に対して仕事を始める前に集合研修を実施したり、配属先で正社員が直接指導を行ったりしているところもあり、経験が無い人も安心して働くことが可能です。そこで、空いた時間を利用して効率よく短期期間工として収入を得たい人は、期間限定でスタッフの大量募集をしているメーカーに目を向けるのがおすすめです。

軽作業や検品の求人は女性やシニア世代にもおすすめ

短期期間工の求人の中でもラベル貼りや箱詰め、検品などの軽作業は、体力にあまり自信が無い女性やシニア世代の人も働きやすいといったメリットがあります。特に、大規模の工場においては配属先によって仕事内容が細かく分かれているため、自分の体力や経験、スキルに合った仕事を担当することも可能です。工場によっては、短期期間工の研修後に一人ひとりのスタッフの適性に合わせて配属先を決定しているところもあり、無理なく仕事を続けることができます。なお、元からスタッフが不足している工場においては、短期期間工として経験を積んでから正社員になれるケースもあるため、将来的に安定した待遇で働きたい人は社員登用を目標にするのも良いでしょう。

期間工の求人には、事前に連絡をしなくても直接合同面接会などへ行けば応募できる会社があります。履歴書を持参すれば服装は自由で、説明会の会場には駐車場もある場合があります。