採用されやすいものの時給が安く設定されてる職場が多い

短期期間工は、工場で働いたことが無くてもやる気次第で採用されることが多いものの、長期の期間工と比べて時給が安く設定される傾向が見られます。また、契約更新を繰り返しても時給が上がらなかったり、責任のある業務をなかなか任せてもらえなかったりするケースもあり、仕事に対するモチベーションが下がる人も少なくありません。こうした問題を回避するには、数ある短期期間工の求人の中でも、工場勤務の経験者や専門的な資格の保有者を対象とした求人に目を向けるのがおすすめです。また、業績が安定している工場では、短期期間工に対しても正社員と同じ条件で手当を支給しているところもあるため、じっくりと各地の工場の給料のシステムを確認することが大事です。

雇用契約満了後の社員登用のチャンスが無い工場が多い

短期期間工として働き始める場合には、長期雇用が前提とされていないため、将来に繋がる業務研修を受けられなかったり、ルーティーンワークしか経験できなかったりすることがあります。また、雇用契約満了後の社員登用のチャンスが無く、職を失ってしまうリスクも高いため、慎重に職場探しをすることが大切です。若年層の短期期間工のスタッフの数が多い工場では、年齢や勤続年数、能力、協調性などを考慮して、社員登用を実施したり、社員登用に向けた教育に力を注いだりしているところもあります。そこで、正社員になることを希望する人は、短期期間工の仕事選びをする時に、過去に多くの社員登用者がいる工場の求人を探してみると良いでしょう。

期間工の募集は自動車工場や家電工場などが多く、数ヶ月から数年と様々な契約期間があります。契約期間中に利用できる寮などの施設が用意されています、契約期間を満了すると満了金などが支給されます。