勤務シフトが固定されている契約の方が長続きしやすい

期間工は週単位や月単位で勤務シフトが変更されるイメージがありますが、特定の時間帯に固定されているケースも少なくありません。特に日勤の時間帯は生活サイクルの乱れが生じにくく、体への負担も少ないことから人気があります。期間工は3か月から半年ほどの期間が多数ですが、中には1年以上続く長期の契約もあります。長期で働くなら自身の体調を考慮し、勤務時間帯が固定されている契約を選ぶのが無難と言えるでしょう。勤務シフトの変更がある契約はどうしても生活サイクルの乱れが生じてしまうので、期間工の経験に乏しい人や体力に自信がない人には不向きです。仕事に慣れ、体を順応させる意味でも勤務時間帯の変更がない契約で選ぶことを心がけます。

極端な繁忙期がない業種を選ぶ

工場で期間工を募る理由の多くは繁忙期の人手不足解消です。そのため、多くの場合において契約期間は3か月から半年の短期になります。1年以上続く長期期間工は決して多数ではないものの、収入が安定しやすくスキルも身につくなど利点が多く、理想的な働き方と言えるでしょう。長期期間工として働くなら極端な繁忙期がなく、1年を通して仕事量に大きな変化が生じない業種が適しています。繁忙期がある業種はそれ以外の期間の仕事量が少なく、期間工が契約解除になることも少なくありません。長期期間工は残業や休日出勤が稀なので多く稼ぐのは容易ではありませんが、雇用期間が長いので生活の安定を図るのに適しています。景気や流行に影響されにくい業種ほど長期期間工の仕事が多いと言えるでしょう。

期間従業員とは、その名の通り、期間の定めのある労働契約を結んで働く従業員です。多くは、自動車工場や電子部品工場、家電工場などでメーカー直接雇用の契約社員として働きます。