工場勤務が初めての人は内定後の研修があるかチェックしよう

短期期間工の求人選びの際に重視するポイントは人それぞれですが、工場勤務が初めての人は不安なく業務に臨めるよう、内定後の研修があるかチェックすることが大切です。正社員から期間工までスタッフの研修が充実している工場の中には、集合研修だけでなく、製造現場でのマンツーマンの教育に力を入れているところも少なくありません。そのため、働きながら業務に必要な知識や技術を身につけたい人や、適性に合う仕事に取り組みたい人は、じっくりと各地の工場の研修制度について比較をするのがおすすめです。なお、スタッフの数が少ない現場では、満足のいく教育を受けられないケースもあるため、面接の際に採用後の働き方について担当者とよく相談をすることが大事です。

製造業の求人数が多いサイトを使って働きやすい工場を見つけよう

自分の年齢やスキル、キャリアなどを考慮しながら工場の求人を選びたい人は、早いうちから製造業の求人掲載数が多いサイトを利用するのがおすすめです。特に、ラインスタッフとして製品の組み立てや塗装、検品など様々な業務に携わったことがある人や、新人の指導ができる人は、短期期間工として働く場合でも高収入を得られることがあります。そこで、少しでも良い条件で働きたい場合には、求人サイトを通じて採用担当者とコンタクトを取って給料の交渉をしたり、採用後に主に担当する業務について話を聞いたりすることが大事です。その他、工場によって短期期間工に求める条件が異なるため、時間があれば興味のある工場の採用説明会に参加をしてみましょう。

期間社員とは契約した一定期間だけその企業の社員となる身分のことで、面接で受かりやすく給料が高いなどのメリットがあります。